マンションの模型

家賃保証会社のプラン料金|家賃滞納リスクを回避

M&Aにより得られるメリット

男女

企業買収は、企業間における投資の一つだと考えることができます。買収する側の企業は様々なメリットを得ることができますし、買収される側の企業も場合によっては破産を回避することが可能です。

優良な不動産投資商品

握手

不動産投資商品には様々なものがありますが、その多くは手を出すにはリスクの高いものとなっています。みんなで大家さんであれば、低リスクで安定した収入を期待することが可能です。

初めての不動産投資

積み木

不動産投資の方法は様々ですが、代表的なものと言えばマンション投資が挙げられるでしょう。マンション投資を行なう際には、ワンルームマンションか1棟マンションのどちらかに投資することが可能です。初心者の方には、ワンルームマンションをお勧めします。

賢いマンション投資

模型とグラフと電卓

借主による家賃滞納リスクを回避するためには、家賃保証サービスの利用が最適です。家賃保証サービスというのは、賃貸契約を結ぶ際に借主の第三者(家賃保証会社)が連帯保証人としてついてくれるサービスになります。このサービスを利用することで、借主は家賃を滞納してしまった時、家賃保証会社に滞納分の家賃を立て替えてもらうことが可能です。マンションのオーナーである貸主も、確実に家賃を回収することができます。借主にとっても貸主にとってもメリットのあるサービスですが、借主については家賃保証会社に立て替えてもらった分の料金を返済する必要があるので注意しましょう。

家賃保証会社の家賃保証サービスを利用する際には、幾つかのプランの中から一つを選ぶことが可能です。ここでは、各プランの料金について掲載していきます。一般的なプランは初回のみ賃料50%分の保証委託料を支払い、保証委託更新を行なう際には月額賃料の10%の料金を支払うといったプランです。保証委託更新料には上限があり、1万円を超えて請求されることはありません。振込については家賃保証会社によって異なりますので、しっかりと調べておきましょう。早い家賃保証会社であれば代位弁済請求書受領から3営業日で振り込んでくれます。家賃保証サービスの料金はその会社のプランによって変動し、中には連帯保証人が必要となるプランを提供している会社もあります。自身が納得して利用できるプランを予算内の料金で提供してくれる会社を選びましょう。